• ホーム
  • ヘルペスになってしまった!治療期間はどれくらいかかりますか?

ヘルペスになってしまった!治療期間はどれくらいかかりますか?

ヘルペスを発症した場合には、できる限り早く治療を開始することが大切。なぜならウイルスの数が増えてしまった後では、増殖を防止する作用のあるバルトレックスを使っても、その時のウイルスの量をそれ以下にさげることができないからです。

早く治療を開始すればするほど、症状は軽くなりますが、治療期間は5日間から7日間程度が一般的です。治療期間中はバラシクロビルとして1回500mgを1日に2回服用します。ヘルペスの治療は内服治療以外にも外用薬を使ったものもあり、水ぶくれができている部位に塗り薬を塗ることで周囲に症状が広がるのを防ぐ効果が期待できます。

軽度の場合には塗り薬だけを使って治療をするだけで、症状がおさまる場合もありますが、塗り薬は局所だけに限定的に効き目をあらわすものなので、体内のウイルスには効果を出すことはできません。そのため、基本的には内服治療を行う必要があると思っておけば間違いないでしょう。

さらにバルトレックスは内服以外にも点滴で静脈内に投与されることもあり、症状が酷い時など症例によって使い分けされています。血管内に点滴投与するか内服で治療を行うかは医師の判断に委ねられているので、診察を受けた時の症状によって治療が異なる可能性があるということです。

治療期間は短いですが、バルトレックスはウイルスを死滅させる効果があるわけではないので、長く使ってもそれ以上の効果を出すことができないという特性も関係しています。どういうことかというと、初期症状が出始めた時点ではウイルスの数は増殖を続けている最中。それからピーク時に向けてウイルスの数は増殖を続けますが、ピークを迎えるとそれ以上数が増えることはありません。そのため、最大量までウイルスが増えてからバルトレックスを使っても、ウイルスの複製が行われていないため、効果を発揮することができないのです。

そういった意味でもバルトレックスは初期の時点で使うべき治療薬であると言えるでしょう。5日間から7日間の治療期間を終えても体内にヘルペスウイルスが残っていますが、それはバルトレックスでは減らすことはできません。

治療期間が終わっても体内にウイルスが存在する状態なので感染を広げる危険は残っています。治療期間が終わっているから完治したという意味ではないので気を付けましょう。治療期間後に油断して感染を広げてしまうと、別の人が重い症状で苦しんでしまうかもしれません。

関連記事
性感染症は自然治癒するもの?いいえしっかり治療する必要があります 2020年07月20日

性感染症の中には運が良ければ放置しても症状がおさまっていくものもあります。しかし、それはたまたま運が良かっただけ。それに、症状は治まっても体内に感染の元となるウイルスや細菌を持っているままなので、さらに別の人に感染を広げてしまうでしょう。性感染症は自然治癒すると思って放置してしまうと、いつまでも感染...

生理中も性病に感染するリスクはあるの?感染しやすい人の特徴を解説します 2020年06月14日

生理中だからと言って性病に感染するリスクが低くなるわけではありません。生理中ということは、子宮内膜が剥がれ落ちている状態なので、むしろ剥がれ落ちた粘膜部位から感染源となるウイルスや細菌が体内に入りやすい状態です。生理の時は通常時に比べて膣内の免疫力が落ちている状態というのも危険なポイントです。いつも...

バルトレックスはどうやって購入するの?入手方法について解説します 2020年02月15日

バルトレックスは日本国内で入手しようとすると、病院を受診しなくては購入できません。なぜなら、日本ではバルトレックスは医師の処方箋が必要な薬で、ドラッグストアなどで購入することができないからです。もし、予防的にバルトレックスを服用したい場合には、長期間にわたって医師の診察を何度も受けねばならず、時間と...

風俗店で性的なサービスを受けるときは要注意!性病に感染する可能性があります 2020年05月06日

性病が広がりやすい場所のトップと言われるのが、性風俗店です。性的なサービスを提供する場所なので、性感染症の広がるスピードが非常に速いです。1人の女性が感染してしまうと、1日に相手をしたお客の全てに感染を広げてしまう可能性があります。風俗店の場合には、相手の身元を確かめるのが困難なため、性病を持ってい...

ヘルペスは大人だけの病気じゃないの?子供でも感染する可能性があります 2020年03月04日

ヘルペスというと成人がなる病気のようなイメージがありますが、子供にも感染します。過去には口唇ヘルペスを発症する1型ヘルペスに幼少期に罹る人がほとんどでしたが、現在では衛生環境が良くなったことや生活様式の変化で、子供時代にヘルペスに罹る人の数は少なくなっています。感染経路は接触で、キスや頬ずりで患部に...

バルトレックスは正しい飲み方をすることでヘルペスの再発抑制効果が期待できます 2020年01月18日

バルトレックスはヘルペスを発症した時に使われる薬で、ウイルスの増殖を防ぐ効果が期待できます。でも、ウイルスの数をゼロにすることはできないため、ヘルペスは一度かかったら何度も体内でウイルスの増殖を繰り返す可能性のある病気です。人によっては一生にうちに何度もヘルペスの再発を繰り返し、そのたびに痛みなどの...

口内に性病が感染する?オーラルセックスも性感染症の感染経路です 2020年04月06日

性感染症というと性器に症状が出る、性器同士の接触で感染が拡大するというイメージが強いですが、実際にはオーラルセックスでも感染します。どういうことかというと、性感染症は感染源となるウイルスや細菌が粘膜を通して体内に入ることで感染が成立するのが特徴。性器は粘膜でできている部分がありますが、それは口内も同...

ヘルペスの治療で使われるバルトレックスにはどのような副作用があるの? 2020年01月31日

ヘルペスの治療で使われる薬と聞くと、副作用が出るのが怖いと感じる人もいるようですが、バルトレックスは副作用が滅多に出ない種類の薬。時々起こる症状は胃腸症状として下痢や吐き気、皮膚症状では発疹と、軽度の症状がほとんどです。副作用が出ても気にならない程度で済む人が多いでしょう。ただし、バルトレックスは過...